宇宙から聞いた花火の悪影響とは?

コンタクトマンのミツシュウラです

前回の記事の続きです

実は、講演会の時に惑星連合の指導者からのメッセージが届いていました

そのメッセージ内容を聞いて、とても驚いたのですが、今の地球人にはおそらく受け入れられない内容だと思いましたので、公表するべきか迷っていました。

縄文祭に対する記事を前回書きましたが、実は祭りの中で行われたイベントの中でもその行為があったので、思い切って書くことにしました。

宇宙から届いたメッセージというのは、花火の危険性についてでした。

花火というのは大きな音を発して音波を出しています。轟音による音の振動が大気に伝わることで、周辺の環境にも、人体にも、悪い影響を与えているそうなのです。

小さい子供さんが花火を怖がるのは、脳波や聴覚の神経に強い影響を与えるからだそうです。そして動物にもその影響はあるとのこと。さらに大気が不安定になるので気圧が変わり、いろんな悪影響が出て来るとのことです。

花火にもよりますが、大きな音が鳴り響く巨大な花火は特に悪い影響があるとのことで、宇宙の人たちは絶対にそんな悪影響のあることはやらないのだそうです。

地球人が科学が遅れているということと、楽しみばかりを優先するあまり、周りの環境への影響に気がついていないようなので、メッセージが入ったのだと思います。

メッセージを受けてから花火に対する見方が変わりましたが、宇宙の人たちと地球人の意識がいかに違うのかが、わかる内容ではないかなと思います。

宇宙連合がこのようなわけのわからない祭りを指示するということはありえないということを改めて強調したいと思います。

宇宙連合というのは、自然も動植物も、人も環境も、全てが調和している平和な世界なのですね。

地球人も環境に対する意識が変わる必要があると思いました。

宇宙世界は今日も平和です

ミツシュウラでした

#宇宙科学

特集記事