子供の脳に起きていること

コンタクトマンのミツシュウラです

今回の記事も、大事な内容です。

お子さんに宇宙の話を読んでもらいたい理由は

お子さんたちのおかれている環境に問題が多いからです

このまま何もしなければ、大変なことになってしまう

という危機感を抱いています

実例を挙げて説明しますね

先日、新幹線で人を無差別に殺傷した事件がありました

事件があったとき、コリンさんが次のように言いました

***

犯人は、ゲームばかり見ていたことで

脳に悪い影響が起きてしまったんだよ

人を殺す画面ばかり見ていたから

潜在意識に人を殺す映像が記憶されてしまい

とっさの時にナイフを持って刺すことも

脳に記憶してしまったんだよ

だから瞬時に素早く刺したんだよ

***

子供が殺人ゲームをやり続けると

脳に記憶されて、人を殺す映像が記録されるので

若い人がナイフで人を刺す事件が起きている

この話は何年も前から講演会で話していました

今回の新幹線の事件の犯人は、その後の報道で

子供の頃にゲームに没頭していたそうです

コリンさんはこの報道がなされる前に

原因を透視でわかって、話していました

私はこの報道を見てコリンさんに伝えたら

僕が言った通りだったでしょう

とボツリと言いました

現代人は、殺人ゲームをやる子供の脳に起きている

大きな変化に気づかないまま、商品を出し続けます

子供時代に見る性的な映像や本なども

子供の潜在意識に大きな影響を与えてしまいます

子供時代に映像で見たものは、脳に記憶されてしまい

大人になっても潜在意識に残ってしまうそうです

ゲーム、漫画、ポルノ、暴力、殺人、対戦など

映像を見続けて育った子供の脳は、変化します

この大きな影響を排除することがどんどん

難しくなっており、社会問題に出てくるのです

数学博士の岡潔先生は、子供には綺麗なものを

見せて心を育てることを勧めていました

前頭葉、自制心、自立心が育たない子供は

人の話に反抗し聞かないようになるそうです

子供さんたちが宇宙の話を聞いて

エネルギーの話や心の喜びを感じたら

心に記憶され、一生、残り続けます

いつかそんな出会いが起こったらいいなと

そう思ったので、この記事を書いてます

宇宙世界は今日も平和です

ミツシュウラでした