継続は力なり

コンタクトマンのミツシュウラです

先日、偽コンタクトマンの詐欺事件について書きました。

この件について、色々と考えたことを書いてみます

***

数年前に、東京で震度9の地震が起こるという内容の

書籍が出ており、ブロガーたちが取り上げたこともあり

入手困難となる程の人気が出ていました。

ブロガーたちの多くは、その本の内容は本物かもしれない

という意見が多く、偽物と断定する人はいませんでした

その影響もあり、多くの人たちが信じていたと思います

その本はなかなか入手困難だったのですが

ある時本屋に売っていたので、買って読んだら

明らかな偽物だったので、ブログに書きました

ある時、私が主催したコリンさんの講演会に

その本を持ってきた人がいました。

コリンさんの話を聞いて、大きな声で

やっぱりあの本の内容は本物だったんだ!

と叫んでいました。

私はおそらく違うというコメントを出したと

記憶しています

しかし、その方はコリンさんの話と本の内容を

比較検討して、本の内容が本物だと思い込んで

いた様子でした

講演会が終わってしばらくすると、数名の方から

変なメールが来ましたという報告がありました

知らない人が、偽コンタクトマンの講演会を主催し

うちの講演会に来た人に集客メールを出しており

メールの中にはコリンさんの実名と、コリンさんと

偽物が知り合いだと書いてありました

事実ではないので、ブログにそのことを書きました

偽物コンタクトマンに注意してください!と

強い口調で書きました

幸い、メールを受け取った方たちは、偽物だと

見破っていたので、誰も参加しませんでした

なぜ、彼女たちは偽物だと見破れたのか?

それは、コリンさんの講演会に何度も足を運び

真実を学んでいたから、看破できたのです

明らかにうさんくさいという印象を得ており

うざいメールをちゃんとスルーしたのでした。

うちの講演会の主催者の私に黙って、誰かが

勝手にメール情報を流したようです。

それもあったので、迷惑をかけたくないので

ブログに告知したのでした。

***

さて、その後、偽コンタクトマンによって

大きな被害に遭われた方が沢山出たそうです

主催した人物が、責任を感じてあちこちに

情報を出しているのを、最近見かけました。

主催した人物は、おそらくうちの講演会に

来て、本物だ!と叫んでいた方と思います

なぜこの方は偽物だと見抜けなかったのか?

そして巨額な詐欺事件を引き起こしたのか。

それが今回のテーマです

すごく重要な内容だと思いますので

私の考えを書いておきます

うちに来ている方たちは、何度もコリンさんの

講演会に足を運び、学び続けている人たちです

ちゃんと講演の内容を聞けば、偽物の情報など

すぐにわかります。

しかし、たった一回講演会に参加しただけで

コリンさんの話を理解していない方だったので

勘違いされたのではないかと思います

つまり、理解力がない方だったのです

みんな見破れたのに、一人だけ信じたのは

思い込みが強い方だったのでしょう

一回の講演会の内容をきちんと理解して

いない段階で、いきなり大勢の人を募って