昔話に花が咲いた夜

コンタクトマンのミツシュウラです

今日は遠路はるばる札幌に来られた方達と

楽しく夕飯を食べておしゃべりしました。

実は先日本屋に行った時に買った本

大家さんと僕

戦前、戦後の東京のお話をするのが面白くって

夢中になって読んだのです。

その少し前に

札幌の明治時代から戦後にかけての歴史と

資料映像が映し出されているものを見て

しみじみと考えにふけっていたのです

(先祖代々、超歴史好きの血筋です)

そしたら、今日お会いした方のお母様が

昔話をされて、夢中になって聞きました

戦前、戦後のお話を聞かせていただいて

中国や札幌や北海道が舞台でして

<大家さんと僕>に出てくる大家さんみたいに

戦後三越が占領された話とかも出て来たのです

ちょうど三越の当時の写真をみてたものだから

映像が浮かんで、昔を見ているようでした

南九州の高齢者たちも、よく昔話をします

戦争の話とか、戦前の薩摩藩のこととか

戦時中の空襲の生々しい話もよく聞きます

満州の話もなんども聞いています

今回は、満州から引き揚げて、そこから

北海道で戦後に引き上げて暮らした話を聞いて

初めて聞く内容だったので、灌漑深かったです

だって今と全然違う世界の物語なので

昔の人たち、偉いよなと思うのです

自分がその時代にいたら、どうだったのか?

いつもそう思います

青酸カリを渡されて、怖かっただろうなとか

戦慄と恐怖を感じたりします

昔の話を聞くと、生きる力をいつももらいます

前回沖縄に行った時も、色々と聞かせてもらい

涙が出そうになりました

昔の人たちを大事にしなかったら

絶対にダメだと思います

大事なことを教えてくれるからです

そんな感じで、楽しく過ごしました。

お母さまがご高齢になり、

旅行も行けるうちにということで

今回親子で旅行に来られたそうです

それで、物忘れが出て来たので

心配されている様子でしたので

コリンさんに帰りにたずねたら

次のコメントをいただきました

ご高齢になり物忘れがひどくなる方が

一人で家にいてテレビばかり見ていると

どんどん加速するそうです

一番いいのは、家に閉じこもらず

外に出て、人に会うこと

昔話をするのが一番いいそうです

聞いてくれる人がいたら、安心して

話せるので、一番大事だそうです

外に出て、人と会って、おしゃべりして

自然に触れて、美味しいものを食べて

いっぱいしゃべって、ああ楽しかった!

これが一番いいみたいです

親孝行が一番いいんだと思います 笑

大家さんと僕を読んだ時に

大勢の人たちがほのぼのとした大家さんの

昔の話に癒されて、ほっこりしたと言います