運命がその土地に導く時

コンタクトマンのミツシュウラです

運命とは、何もしなくても勝手にそうなり、自然に導かれる世界です

筆者は20代の後半に、ちょうどノストラダムスの預言が、まだあるんじゃないかと騒がれていたミレニアムへと変わる頃に

北京のコンピュータ会社で仕事をしていたら、日本にいる親戚から突然のメールが来ました

孫が生まれたから、私をドイツに連れて行ってくれない?

という叔母からのメールで、ちょうど中国を去ろうと思っていたタイミングだったので、乗っかりました

そのままドイツに叔母と行って、しばらくいとこの家に滞在したのですが

そしたらば、いとこの奥さんが、近所の人に日本語で声をかけられたと言います

すぐ近くに住む老夫婦は、大阪万博の時に、ドイツからバイクでやって来て、日本に入り、全国を旅して、最後に大阪の万博にゴールしたのだそうです

日本を回っているその当時、日本の新聞で彼らの記事が載っていました

日本大好きなご主人が、古い新聞の記事を見せてくれました

それをみて、ひっくり返りました。

なんと、筆者の地元の宮崎の新聞

しかも、筆者が生まれる数日前の新聞記事に、彼らのことが載っていました

ドイツから来た夫婦が、インドまでバイクでを回り、船で日本に来て、宮崎に来ていること

そして、筆者が生まれる7月頭には、霧島をバイクで旅している頃だとありました

ええ?? この人たち、私が生まれる日に、霧島に来ているのです

それが新聞に載ってたのを、記事で見せてもらったわけです

あまりの偶然に、お互いに驚いて意気投合したので

毎日その家に行って、おしゃべりをしていました

彼は英語ができたので、会話が成立しました 笑

そのおじさんが、あるとき、ベルリンに連れて行ってくれました

こっから筆者の運命は不思議な形で展開していきます

***

おじさんの家族は、ベルリンに住んでおり

戦時中に東ドイツと西ドイツに家族が分かれてしまいました

お兄さんがドイツの科学者だったので、ソ連軍に強制的に仕事をさせられたのがきっかけで、東ドイツに住んでいたからです

戦争が終わっても、ベルリンの壁に阻まれて、家族と会えない日々が長かったそうです

その時に、おじさんから、ソ連軍の話を、いろいろと聞くことができました

ソ連軍がいた場所にも連れて行ってくれました

その流れで、ポツダムに連れて行かれたのです

え? 

ポツダムって聞いたことあるんですけど・・・

あの、戦争を終わらせた会議のあった場所ですよね?

確か原爆が落とされて、無条件降服をさせられた、会議の場所でした

その会議の場所に、突然連れて行かれたのでした。

これぞ、まさしく運命なのです!

ポツダム宣言のあった場所、ホテルの会議室

その場所に行って、日本人だからこそ、様々な複雑な感情が押し寄せました

ここで実際に起こったことが、頭の中に映像で浮かびました

そこにいる間、何か、違う特別な空気を感じていました

だからこそ、今でも鮮明に印象が残っているのです

よりにもよってこの場所に、導かれたことに

びっくりしていたというのもあります

だって、歴史の教科書でも、一番緊張の高まる場所ですから

太平洋戦争の終結が決まった、歴史的に重要な場所ですから

だとしたら、宇宙の人たちはおそらくみていたはずです

そして、筆者が今やっているこの仕事に導かれたのも

平和への活動に専念できているのも、この当時から

なんらかの運命の流れがあったからだと思います

日本人だからこそ、平和の意味の重さを誰よりもわかりますし

平和のために一番苦労して努力をしなければならないと思います

その時に聞いたいろんな戦争体験、アウシュビッツとか

ホロコーストもしかり、ベトナム戦争もそうですが

それらの土地に自然に導かれたのも、運命の仕業だと思います

(平和条約の締結された、世界で一番住みやすい街に行ったのも運命)