最新記事
特集記事

悟りとはひらめきのこと

コンタクトマンのミツシュウラです

昨日、コリンさんが気になるというので、一休さんのことを調べていました。

そしたらば、面白いことがどんどん出てきました。

一休さんはとんち話で有名で逸話をたくさん残している方ですが

なんと、夜中にカラスが来て、大悟したと書かれていました

えっ? カラスとは、もしかして?

宇宙カラスのこと・・・?

と思って、びっくりしました! 笑

ここでもカラスか!

確かにカラスはどこにでもいて、まぎれることができますからね 笑

それで、一休さんの人生のあれこれをWIKIで読んでいて、面白かったのですが

心の迷いと悟りについて、あれこれと書いてありました

少し前に記事にしたのですが、コリンさんが意識が変わった時のことと、全くおんなじ逸話が出て来たので、やっぱりなと思ったのです。

つまりね

悩みや苦しみのある状態 → 答えがわからない状態

悟る状態 → 答えがわかる状態

これなんですよ

例えば、スペースカードを持った方が交通事故が避けられたとか、いっぱい報告ありますけども

その瞬間にとっさに予知できたり、避けられたりした時に、なんかわかった状態になり、それがあったから問題が回避され、結果として、迷い、苦しみかがない状態になったということなんです

あるいは、どうしよう!ってなった時に、ふっとひらめいて、わかった状態になって、その通りに行動したら解決したとか

それも、とっさの時に、機転が利いて、機敏に行動した結果、うまく行ったということ

この瞬間の反発能力が、神経の働きであり、それで行動できたり、答えが浮かんだりすることを、悟るということなんですよ

(悟りにも段階があるけれども)

一休さんとか、コリンさんとかのクラスになると、地震予知とか未来予知能力があって、それがズバズバと正確に答えられるわけです。これがおそらく大悟ですね。

人がくよくよと悩んで、どっちにしようかと迷うというのは、さっと答えが頭に浮かばない状態なので、モヤモヤするからです

迷った時に、あ、こうしたらいいんだ!とわかる状態が、ひらめき、悟りの状態

これは自律神経ではなくて、潜在意識、無意識、脳神経の働きによるものなんです

わかろうとして、わかるわけではないのよね

一休さんは、人の悩みとか苦しみとか迷いの状態にある人を、笑ってからかって、やゆしたりしていたらしいです。

権力を持たず、なびかず、普通に庶民に溶け込んで行きながら、天皇とも親交があったとのこと。

一休さん、欲がない状態だったみたいですよ

欲があったら、人に伝えて、名を残したいと思うけど

欲がない悟った人たちは、高い教えを人に伝わらない方法で残すのです 笑

縄文土器を昔の人たちが壊したようにね

一休さんがどこまで宇宙と縁があったのかわかりませんが

探したら見つかるかもしれません

宇宙世界は今日も平和です

ミツシュウラでした

#超能力

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square